認定事業紹介

これまでに認定された事業を紹介いたします。

全一覧

詳細ページへ

街頭紙芝居deにぎわいづくり

観光・商業施設等で 街頭紙芝居を実演します。 昭和時代に制作された街頭紙芝居作品は、多種多様で 幅広い世代の方に楽しんでいただけます。 【開催時期】 令和元年10月以降 開催予定

詳細ページへ

黒崎チーズフェスinハロウィン収穫祭

ハロウィンに合わせて、地元飲食店による 「チーズ」に特化したブースを多数出店。 仮装ブースやイベントステージも設け、 黒崎に、にぎわいを生みます。 【開催時期】 令和元年10月31日(木) 【会場】 黒崎駅前ペデストリアンデッキ

詳細ページへ

九州オクトーバーフェストin門司港

http://kyushu-okfes.com/ 九州の地ビールメーカー4社や「ホテルオークラ福岡」とタッグを組み、 本場ドイツで造られた「オクトーバーフェストビア」を飲み比べることができる 本場オクトーバーフェストを忠実に再現するイベントを開催。   詳細は下記ページにて(外部リンク...

詳細ページへ

中秋の名月 かぐや姫竹灯りナイト

竹取物語をテーマに、中秋の名月に合わせたお月見イベントを開催。 竹を使った「竹灯篭」で、会場を装飾し、 その空間では、伐採した竹を使用した「竹チェロ・竹ヴァイオリン」で 竹楽器演奏も行われます。   【開催時期】 令和元年10月13日(日) 【会場】 小倉...

詳細ページへ

小倉駅フルモノ遊覧市

小倉駅JAM広場で、骨董・古書店を県内外から招致する蚤の市を開催。 飲食ブースも出店予定ですので、 ゆっくり楽しむことのできるイベントです。   【開催時期】 令和元年7月27日(土)、28日(日) 10:00-19:00 【会場】 小倉駅ビル内 JAM広場 &...

詳細ページへ

来る来るお皿マルシェ

第4回スポーツ皿回し全国大会と同時開催で実施される「来る来るお皿マルシェ」では スポーツ皿回し用の道具の販売や ジャグリング世界チャンピオンのワークショップを実施予定です。 ぬか炊きや焼うどんなど、北九州グルメの出店もあり 大会参加者も、観覧者も楽しむことができます。 ...

詳細ページへ

日本酒の会in小倉~佐賀酒~

商工貿易会館前広場にて、日本酒のイベントを開催する。 九州最大の米どころである佐賀県の酒造組合と連携し、 普段小倉では味わうことが難しい日本酒を堪能することができる。 また、飲食ブースでは、ぬかだきなど北九州ならではの食事も提供し、 市内の魅力を発信する。   ...

詳細ページへ

北九州100人マルシェ

西日本総合展示場 新館ガレリアにて、 北九州で活躍するハンドメイド作家のブースが約70店、 飲食ブース約10店を集めたイベントを開催。 ステージイベント等も実施。   詳細は下記ページにて。 http://www.fcoop.or.jp/cheer/fukuokainfo/4941/ (外部リンク) htt...

詳細ページへ

~街でインバウンドをおもてなし~北九州welcomeboard&townguideを留学生と作ろう!

増加する北九州市への外国人観光客に対し、市内に在住の外国人および留学生を活用し、SNSでの市内の魅力発信・飲食店でのウェルカムボードの作成などを行い、 コミュニケーション推進につなげる。 また、小倉駅から徒歩30分圏内の観光ツアーの提案を提案する。  

詳細ページへ

門司の焼酎「地芋」(じいも)を作ろう

門司区伊川地区で栽培された芋から、焼酎「地芋(じいも)」をつくる。 門司の名産物を増やし、ブランドの確立を目指す。 また、門司港駅の竣工に合わせ、オープニングイベントを開催する。 【開催時期】 平成31年3月上旬予定

詳細ページへ

街なかにぎわいカキ小屋2018

「豊前一粒かき」のブランド普及、消費の拡大に向け 小倉の街中・米町公園で、カキ小屋を開催する。   【開催時期】 平成30年12月~平成31年3月15日

詳細ページへ

第7回 門司港まちゼミ

※門司港まちゼミの開催日時が決定しました!  2019年2月1日(金)~2月28日(木)  1月25日(金)より受講受付開始! 各店舗の詳細日時は、下記ページのチラシデータをご覧ください。 https://machisemimojiko.com/201902/ (外部リンク) また、facebookページもございま...

▼年度別表示

▼おでかけカレンダー

2019年07月
010203040506
07080910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

▲日付をクリックしてね!

▼PDFの閲覧について

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。


ダウンロードページ